• ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

ケガをした時などに困る

子どもが事故に遭ってしまった時、輸血が必要になるかもしれません。 大量に出血している際は、急いで輸血をしなければ命を落とす危険性があります。 事前に血液型を調べていれば、早急に輸血ができるので安心です。 万が一の時のため、子どもの血液型を調べておきましょう。 Read More

大ケガをした時に便利

大きなケガをした際は、輸血が必要になります。
その時に血液型がわからないと、輸血ができません。
体内の血液が少なくなると、命を落とす危険があります。
ですから、事前に子どもの血液型を調べていた方がいいと言われています。
子どもの血液型を調べられるのは、1歳を越えてからです。
生まれてすぐはわからないので、1歳になったらそろそろ調べる時期だと思ってください。
注射をするので、子どもに恐怖心を抱かせないよう工夫しましょう。

また血液を採取することで、アレルギーを持っていないか判断できます。
様々なアレルギーがあるので、どれか1つにでも該当していたら、対策をしなければいけません。
花粉はホコリに対して反応が起こる場合は、マスクをしたり薬を服用しましょう。
食物アレルギーだった場合は、その食材を食べないように心がけなければいけません。
反応を起こす食材を、間違って食べないよう子どもを見張っていてください。

子どもが本当に自分の子どもなのか、気になっている人も見られます。
真実なのに、親戚から疑われて悲しい思いをしている人もいるでしょう。
血液型を調べると、本当の子どもだということを証明できます。
いつまでも疑念を抱いたり、親戚から陰口を叩かれるのは嫌だと思います。
ハッキリと、血の繋がっている子供であることを証明してください。
すると安心して育てることができますし、親戚も何も言わなくなります。
証明にも使えると、覚えておきましょう。

子どもがアレルギーを持っていないか

子どもが生まれたら、アレルギーの有無が心配だという人が見られます。 特に自分がアレルギーを持っているなら、子どもにも伝わる可能性があります。 血液を調べると、アレルギーの有無がわかるので血液型を調べた方がいいです。 アレルギーを持っているなら、対策を考えましょう。 Read More

自分の子どもである証明

血の繋がっている子どもだと、照明するために血液型を調べる人が多いです。 親戚に疑われていたり、不安を抱いている時は思い切って血液型を検査するのがおすすめです。 きちんと血が繋がっていることが証明されれば、安心して育児を進めることができるでしょう。 Read More